高品質オリジナルTシャツを作成するための、失敗しないメーカー選び★

見本付き!用途別デザイン例と入稿方法

このカテゴリでは、オリジナルTシャツのデザインのコツや、業者への入稿法を紹介しています。

グッドデザインなオリジナルTシャツを作るには?

オリジナルTシャツを作るなら、デザインもカッコ良くしたい!と考えるのは当然ですよね。

まずTシャツを共有する仲間の中から、デザインに興味のあるメンバーを集め、アイディアを出し合ってみましょう。「とは言え素人ではなかなか…」という場合は、以下のような方法を試してみてください。

  • グループやサークルなどにロゴマークがある場合、上手に活用する。
  • 絵で描き起こすのが難しい場合、幾何学(●や▲など)を組み合わせてかたちにする
    シンボリックでカッコ良くなる。
  • 漢字一文字など、文字を活用する(プリントの際は、フォント指定が可能)。
  • 業者が公式サイト上に公開しているデザインテンプレートを活用する。あらかじめ用意された図柄に、メンバー名やチーム名を入れるなどのアレンジが可能に。

上記以外にも、雑誌などを見ながら参考となるデザインを探し、意見をまとめていくと、良い結果につながることがあります。

業者へのデザイン入稿法

実際に業者へプリントデータを入稿する際には、以下の方法があります。

  • データ入稿…IllustratorやPhotoshopなど、業者が対応可能なデータで入稿すれば、すぐプリント作業に移れます。上記ソフトウェアの操作が可能なメンバーがいたら、作業をお願いしましょう。
  • 手書きデータの持ち込み…データ上の加工が難しい場合、ある程度のイメージを描き起こしたうえで業者に持ち込めば、プロのデザイナーがデータ化してくれます(対応不可な業者も有)。ただし追加料金がかかったり、確認→修正作業に時間がかかる場合があると知っておきましょう。
  • 印刷物…紙に印刷されているものを原稿として入稿できます。

いかがですか?本カテゴリの各ページでは、よくある目的に合わせたデザイン例も紹介していますので、ぜひ目を通して参考にしてくださいね!

Pagetop