高品質オリジナルTシャツを作成するための、失敗しないメーカー選び★

激安Tシャツはアリ?ナシ?

激安オリジナルTシャツのデメリットや、代表的なTシャツ素材について調査しています。

激安オリジナルTシャツはやっぱり「悪かろう」

考える女オリジナルTシャツメーカーの情報を探していると、激安価格に出食わすことがあります。中には1枚500円以下の低価格を標榜している業者も…。

一般的なオリジナルTシャツの価格は2500~3000円ですから、思わず「ここに頼もう!」と心が動いてしまうのも、わかります。

しかし、激安にはそれなりの理由があります。最も心配なのは、データをプリントするTシャツ本体の生地です。

低価格のオリジナルTシャツのほとんどは「4.4オンス」という生地で作られています。この生地は薄くて破れやすく、見た目の質感も、かなりチープです。さらに肌が透けてしまう可能性も…。特に女性にとって、うれしくない事実ですね。

 Tシャツ素材あれこれ

やはり激安には、それなりのリスクが伴います。せっかく制作するオリジナルTシャツなのですから、何度も着られる高品質を追求したいもの。

以下に高品質なオリジナルTシャツ生地の代表例を紹介しますので、ぜひチェックしてください。

  • ヘビーウェイト…その名の通り、程よい重みと厚みがあるしっかりした作りの生地。
    オンス(Tシャツの厚みを図る単位)は5.6~6.2程度までの幅があります。カラーバリエも豊富。
  • ジャージィ…着丈が短く、身体にフィットするタイトさが特徴の生地。
    特に女性で構成されたチームなどにおすすめできます。
  • ドライ…ポリエステル素材で、通気や速乾性に優れています。肌触りもサラリとしていますよ。
    特にスポーツチームのオリジナルTシャツに、おすすめの生地です。
  • ラグラン…生地というよりは配色に個性のあるTシャツ。
    ベースボールシャツによく見られる、色の切り替えがおしゃれです。

いかがですか?世界にひとつのオリジナルTシャツ作りの際は、ぜひ生地にまでこだわってみてくださいね♪

Pagetop